安らぎのマニュアル มงคลชีวิต

Read | Download オリエンテーションA. イントロダクション 本書「安らぎのマニュアル-吉祥経」をお手に取って頂き、どうもありがとうございます。このオリエンテーションでは、道徳を勉強する際の方法論と、本書に収められている吉祥経38 項目の背景を説明していきます。本書で扱う内容はこれといって複雑なものではなく、タイ人にとってはほとんど皆が触れたことのあるもので、事実この項目に関するテストを毎年400 万人を超える児童・生徒が受けている程にメジャーなものです。タイでは 1982 年を境に、学校教育における職業訓練的要素を過度に重視する風潮が進み、それに反比例するように精神性に関する教育の時間が削減されていきましたが、それでもなおこの吉祥経だけは、精神性を扱う教育科目として辛うじてカリキュラムに残りました。   A-1. なぜ心の教育が必要なのか 読者の皆さんの中にも、学術知識や物質的な知識だけでは不十分なのだろうか、と疑問に思われた方がいらっしゃるとかと思います。もし人間が、お腹が膨れて眠ることさえできれば幸福でいられる存在であったなら、道徳についても精神についても学ぶ必要は無いはずでしょう。しかし、心の深いところを見ていけば、万人が答えを求めてやまない普遍的な問いが流れているのが見つかるものです。 すなわち、この世界で自分が生きていることの目的と、その意味に対する問いです。身体を養う事のみが人生の目的であったなら、お金持ちこそこの世で最も幸福な人々であるということになります。しかし残念ながら、物質的な財産からは物質的な快適さしか得られません。お金では、心を養う事はできないのです。また、どんな資格や学位を持っていても、心の飢餓を止める事はできません。それどころか、せっかく教育から得た知識を使って、他の人には思い付かないようなとんでもない犯罪に手を染めてしまう人すらいます。世俗の教育を受けても必ず幸福になれるという保証はありませんし、それを悪用して刑務所に入ってしまう人もいます。 ここに、世俗的教育と心に関する教育との明確な差異が見られます。というのは、心に関する教育から正しく学んだ場合、刑務所に入るような事はまずあり得ないからです。というのも、それは単純に頭に知識を詰め込む教育ではなく、考え方、話し方、行動の仕方そのものを向上させていく道であるからです。 私たちが内奥に抱えている問いに関しても、世俗の教育がヒントを与えてくれれば理想的ですが、現状ではこの要望は満たされていませんし、今後も期待はできないのかもしれません。というのも、自己への問いかけの過程こそが、この道を進み知識を得ていく為に必要不可欠だからです。私たちはこの答えを世俗の教育以外の所から見出さなくてはならないのです。   A-2. 限定的価値と普遍的価値 私たちの精神を磨いてくれる要素には様々なものがあります。それはこの世で出会う人であったり、物であったり、態度や状況、経験であったりしますが、それらの価値に関する判断は、人それぞれ異なる限定的なものでしかありません。私たちの人生を向上させると言われているものの中に、万人に例外無く当てはまる普遍的なものはあるでしょうか。 私たちはブランドをステータス・シンボルと見なします。現代のブランドを例を挙げると、メルセデスやアディダスがあるでしょう。それらブランドは自社のブランド価値を上げる為に宣伝にお金をかけていますし、消費者たちも多少値段が張ったとしてもそれらのブランドのロゴが入った商品を選びたがるものです。そうしてブランド品を選ぶ理由は何かというと、それら有名ブランドのシンボルを身に付けることで、多かれ少なかれ自分自身の価値が上がると思うからでしょう。それらブランドの価値を普遍のものであると見なしている人もいますが、実際には時代ごとに移り変わるもの、つまりは流行、その時のファッションでしか無いのです。 ブランドなど無かった時代にも、人々は「お守り」集めに凝っていました。お守りも、身に付ける事で自分の価値が上がり、人生が上向きになると信じられていた点でブランドと共通しています。今日でもお守りは「幸運の蹄鉄」や「四つ葉のクローバー」といった形で残ってはいますが、かつてに比べればそれらに対する人々の情熱はかなり薄くなっています。かつての人々のお守り対する思い入れは、今よりももっと切実だったのです。 本書で言うところの「心」とはすなわち、この世の普遍的価値を求めた人々が見出した万人に当てはまる要素であり、これを向上させることで私たちの価値を普遍的な意味で高められるとされる要素を指します。この世界にはこうした意味での心に関する知識を扱う様々な伝統がありますが、それらは理解の深さに応じてそれぞれ形が異なってきます。 それらの内、当てはまれば理想的と思われる要素を挙げてみます: ・段階性-単純なステップから複雑なステップへと徐々に移行していけるもの ・自発性-実践する程に自然とやる気と熱意が湧いてくるもの ・多様性-人生のあらゆる局面において適用できるもの ・全体性-ある一部の事にのみ関するものではなく、あまねく全体に関連しているもの ・レベルの多様性-自己に関するレベルから他者や家族、社会や国際レベルの問題までを扱うもの ・万人に当てはまる普遍性-あらゆる文化圏の人々に等しく当てはまること ・万事に当てはまる普遍性-ある単一の問題のみではなく、万事に当てはまること ・実用性-理論や哲学だけではなく、現実的な方法を示していること ・価値の超越性-世俗的な価値観を超越していること ・対立的要素の明確性-避けるべき要素と求めるべき要素の違いを明確に示していること 心の価値を説く様々な教えの中にも、これらの要素を欠いているものが多々みられます。中には強い限定性を持ち、別の信念を持つ人々への攻撃性を示すような教えもありますが、そうしたものはグローバル化と人類共生の意識が進んだ現代社会にはそぐわないと言わざるを得ません。また、特殊な言語や特殊な文化様式を持つことで自らと社会とを切り離し、現実の問題を無視していくような教えもよろしくありません。   B. 吉祥経 B-1. 吉祥経の歴史的起源 「吉祥経」は、先ほど挙げた項目の全てを満たしている大変興味深い教えを示し、「普遍的な価値」に対する一つの回答として形成されたものです。人類は太古の昔から物事の価値判断をしてきた訳ですが、2500 年前のインドの人々は、時流に流されない、時流を超越した普遍的な 価値を追求し始めていました。どんな吉祥(祝福)を持ってすれば人生を障り無く生きられるか。富、名誉、名声、幸福だけを受けられる様になるにはどうすれば良いか。この問いを根本とする思想を大きく分類すると、以下の 3タイプになります: 1. 喜ばしいものを「見る」事が人生に吉祥をもたらすという思想 2. 喜ばしいものを「聞く」事が人生に吉祥をもたらす思想 3. 喜ばしいものを「見たり聞いたりした時の心の動き」が人生に吉祥をもたらすという思 「喜ばしいもの」のイメージは人それぞれ違うので、上記の思想を持ったグループは当然、お互いに相容れませんでした。ある人にとって心地良い音楽も別の人には不快だったりするものですし、今日気に入っていたものでも翌日になればウンザリしていたりするものです。こうなると、無条件で「吉祥をもたらす」と定義できるものなど何も無い様です。かくして、「吉祥とは」という議論は尽きること無く延々と続きました。現代に於いてですら「本当にめでたいこと」の定義は曖昧です。 この議論はお釈迦様の解説によってようやく終焉をみました。「吉祥とは何か」と尋ねられた時のお釈迦様の回答こそ、今日「マンガラ・スッタ」(Maṅgala-sutta)すなわち「吉祥経」として知られる経典に記されているもので、そこには10 のグループに分けられる38 の項目が記されています1。…

タイで出家してみた 川端 อบรมธรรมทายาทนานาชาติ

Read | Download はじめにいつも私は、誰かに何かをお願いされたとき「YES」と言うように努めてきました。その場で断ることは簡単ですが、断った瞬間、そこで道が閉ざされてしまうと考えているからです。 だから、ルアンピー(先輩僧侶)から「出家した体験を本にまとめませんか」という提案をされたとき、私は即座に「YES」と答えました。2013年の9月のことです。 過去に本作りに携わったことは一度もありません。それでも「YES」と伝えたのは今回の出家体験が、人生の中でも印象的で大きな出来事で、たとえ文章が乱筆乱文であってもその体験をしっかりと伝えたいと思ったからです。どういう心境で出家を志したのか。出家中はどういう生活をしていたのか。瞑想中は何を考えていたのか。食事はどうだったのか。これまであまり語られることのなかった出家や瞑想についてまとめて、ありのままに伝えたい。そういう気持ちが盛り上がり、本の制作を引き受けました。 日本では「宗教」というと怪しいイメージがあります。お寺参りや葬式、新年三が日の参拝は気軽に行なうけれど、宗教に入信することはどこか引っ掛かるところがある。多くの日本人はそのように思っているのではないでしょうか。これは、新興宗教団体による強引な勧誘行為や高額商品の販売などによって、宗教に対するイメージが損なわれたためだと考えられます。 先に断っておくと、私は無宗教の人間です。仏陀が話したとされる説法をいくつも聴いて、なるほどと思うことは多々ありましたが、私自身は各宗教にあるような「死後、天国にいける」や「輪廻からの解脱」という話には特別な関心は持てませんでした。ですが宗教の重要性は海外に出てからというもの、頻繁に感じさせられます。海外の友人に「日本人は仏教徒が多いのか?」と質問されて「日本にはお寺がたくさんあるが、若い世代を中心に無宗教の人が多い」と答えるとたいてい変な顔で見られます。これだけ長く生きてきて、仏教国でありながら仏教のことを何もしらないことに恥ずかしさを感じたことが何度もあります。 当然のことですが、タンマガーイ寺院の出家コースを通じて入信を勧められることはありません。出家を果たした今も私は信仰を持っていません。しかし、宗教がその国の衣食住、精神、教育など人々の生活に関わるあらゆる文化に大きな影響を与えていることは事実です。日本を出てタイに渡りその文化に触れたことで、キリスト教や仏教、イスラム教などに触れても盲信せず、かといって反宗教も掲げず、良いところがあれば取り入れ、自分の人生に生かすことが宗教との適切な付き合い方なのではと感じるようになりました。だから本書の執筆にあたっては、宗教云々に関する内容はできるだけ省き、あくまでもフラットな感覚で(無宗教という視点から)執筆することを意識しました。 この本を通じて出家や瞑想に興味を持っていただければ幸いです。読みにくい部分もあると思いますが、ご自身が出家をされている気持ちになって読み進めていただければこれほど嬉しいことはありません。 川端陽介 1出家スタート住まいや仕事もまったく違う見ず知らずの男たちに共通するのは、遠く離れた日本からやって来たことと、出家したいという気持ちだけです。初日は誰もが緊張します。 簡単な自己紹介の挨拶を済ませても、人数が多いためなかなか名前を覚えられないかもしれません。それでもこれから共に住む仲間たちです。出家という同じ目標があるからこそ、相手と目が合う度に「〇〇さん」と意識的に名前を呼び合えば、不思議なほど自然と打ち解けていきます。 最初に行なうのは健康診断です。タンマガーイ寺院の中には衛生的な診療所が併設されており、簡単な病気や怪我はここで診てもらうことができます。これから始まる20日間の生活を安心して過ごすために、健康診断では検尿、採血、体重測定などを行ないます。 診断書はタイ語で書かれていますが、日本人ガイドが一緒に居てくれるので全く心配ありません。ここでも参加者の共通の話題は出家をすること。行き帰りの車内ではすぐに皆と仲良くなれるでしょう。 初日は今後の生活についての詳細な説明があります。 朝は4時30分起床だということ。食事は1日2回だということ。出家式までにお経を覚えなければならないこと。規則正しい生活をしなければならないこと。 詳しい生活サイクルに関しては後ほど説明しますが、全てが始めての経験で不安になることもあるかもしれません。ですが、日本人出家コースには日本語が堪能なタイ人の僧侶が常駐しているので、安心して瞑想に集中できる環境が整っています。 2瞑想とは瞑想は東洋的で非科学的なものとして取り扱われているのも事実です。しかしその効果は近年、科学的に認められはじめています。 世界中の大学やいくつもの公的な研究機関が瞑想についての効果を実証しており、米国の大手企業であるGoogle 社やデパートチェーンのTarget 社、そして大手食品メーカーGeneral Mills 社も瞑想を取り入れています。 NBA のスタープレーヤーであったマイケル・ジョーダンが精神を集中させ、試合で能力を遺憾なく発揮するために禅を行なっていたのは有名な話です(禅はインドで生まれた瞑想法の一つです)。彼が、「ゲームの最後の場面で、禅のおかげで観客が静かに感じられた。周囲の動きがゆっくり見え始め、コートがよく見えた」と語るとおり、瞑想は周囲の把握と冷静さ、集中力をもたらしてくれるのです。 また、瞑想はアップル社のスティーブ・ジョブズやマイクロソフトのビルゲイツ、京セラ・KDDI の稲盛和夫など、大企業の多数の経営者も取り入れています。経営者やアスリートが当たり前のように瞑想の習慣を持ち、定期的な実践を奨めています。多くの成功者や成功企業が実際に瞑想を生活の中に上手く取り入れて、その効果によって素晴らしい成果を手にしています。非科学的と言われながら多くの人が実践し、成果を上げている瞑想。瞑想を行なうにあたり、予備知識はほとんど必要ありません。少しでも疑うのなら、試してみる価値は高いでしょう。 瞑想は近年ではセルフコントールの分野において、集中力や行動力を高めてくれる有効性が証明されています。しかし一方で、心を起点とした技術でもあるので、人によって効能が異なるというイメージも少なからずあります。 タンマガーイ寺院は、ルアンポー・タンマチャヨーとクンヤーイ・アージャーン・チャンという二人の堅い決意のもとに設立され、たった40年間で10万人以上の信者をもつ大きな寺院へと成長しました。 これほどまでの短期間で多くの人に受け入れられる寺院に成長したのは、その瞑想方法にこそ秘密があります。仏陀が確立した瞑想法は実に数十種類あるのですが、入滅後2600年間で失われてしまった方法もたくさんありました。タンマガーイ寺院が実戦した瞑想方法はその再発見とも言われており、誰もがイメージしやすく自問自答が明瞭で、かつ心の平穏を手に入れやすい方法だったのです。 そもそもなぜ出家者は瞑想をする必要があるのでしょうか?これは仏教の説く「涅槃」と深く関係しています。言い換えれば、苦しみをなくすために瞑想を行なうのです。 心の汚れを除き綺麗にするため。智慧を得るため。二度と生まれ変わらないため。 仏陀は「一切は苦である」「生きること、存在そのものが苦である」と発見された方です。 苦しみとは、他の誰かから与えられるものではありません。私たちは移り変わる物を「永遠」と信じ、一時しのぎの安楽を「幸せ」と考え求め、ありもしない「自我」にしがみつきもがき続けています。苦しみを生み出す根源が、自分の中の「欲」や「無知」だと気づくためには、今この瞬間の体・心・感覚と一切の現象をありのままに正しく観察し、自ら「体験」する必要があります。その手段が瞑想なのです。 人間の心は90%以上は外に向いています。無意識にいろんな雑念に縛られて生きているともいえます。例えば、今日あなたの親が誕生日でレストランに行き食事をしている時に、遠くの席で店員を怒鳴り散らしているお客様がいるとします。そのようなシチュエーションでは「うるさいな」もしくは「何事か」と不安を感じるでしょう。 この「うるさいな」「何事か」と思っている瞬間、あなたの集中力は削がれ、知らず知らずのうちに家族との大切な時間が奪われているのです。これらは思考しようと思ってしているわけではありません。自然に、意図しないところで勝手に発生した気持ちです。つまり、自分の大切にしたい時間は外部の変化によってたやすく邪魔されてしまうということ、言い換えれば、常に外部からの刺激に晒されて人は生きているのです。 これを雑念と呼ぶこともあります。 人は何かに意識を集中しなくても、勝手に物事を思い浮かべてしまいます。雑念は、周囲の環境や雰囲気の変化にその都度反応し、意識とは関係のない思考や気分を私たちに生じさせます。これは無意識がそうさせているためで、この働きは生きている限り永遠に続きます。自分の頭に浮かぶことは、自分で完全にコントロールできている事柄だけではないという証明でもあります。 雑念(自分でコントロールできない気持ち)は飼い馴らされていない猫のようなものです。餌をあげて仲良くなってからでないと近づくことすらできません。捕まえようと焦れば焦るほど猫は警戒し、自分の場所には来てくれないでしょう。じっくりと時間をかけて近づくしかないのです。 良い結果を期待しないことが良い瞑想を行なう秘訣でもあります。どんな人も瞑想によって無意識下の心を制御し、自分の意志や欲求を守り、為すべきことを為すための力を手に入れることができます。瞑想とは何も考えないことであり、自分の心を見ることでもあります。これを続けると自分の今の状態がわかるようになっていきます。 歩いているとき、食事をしているとき、誰かと待ち合わせをしているとき。 瞑想はいつでもどこでも行なうことができます。瞑想を行なうことにより、自分の意志や意図を行動に反映させることが簡単に出来るようになったり、周囲の情報に振り回されず的確な判断を下し、行動することができるようになります。 3出家の動機「はじめに」で触れましたが、日本では宗教に怪しいイメージを持つ人も少なくありません。 私はできるだけフラットな気持ちで出家に挑みましたが、それでも出家をしたいと日本の親友に伝えるとき、「あやしい宗教に入ったのでは?」と心配されることが頭をよぎりました。しかし、その考えは全く必要ありませんでした。むしろ「出家は素晴らしいことだね」と喜んでくれました。逆にタイ人の友だちには「そんな遊び半分の気持ちで出家なんてしないでほしい」と呆れられる始末でした。 日本人にとっての「出家」はお寺参りや葬式、新年三が日の参拝の部類に入り、「入信」とは区別されるようです。タイ人は「出家」と「入信」を同一に考えているため、私に真剣に出家するよう促したのだと思います。いずれにしても、タイは真面目に出家を希望する人を受け入れてくれる土壌が出来上がっているのだと知りました。 上記のことからわかるように、出家コースは入信目的ではなく、純粋に出家をされたい方が参加するのが良いかと思います。 日々生活し、仕事を行なう中で、本当に自分自身に向き合って生きてきたか?と問われると答えに窮する自分がいます。そこで私は、瞑想を通じて自分自身と向き合いたいと考えました。そのためには瞑想に適した寺院を探す必要がありました。 私個人が参加を決意した理由は主に以下の5つです。   ・日本語でのサポート タンマガーイ寺院では日本人向け短期出家コースを10年以上行なっており、数十人の日本人が出家しているという実績があります。そのため、タイ人僧侶で日本語が話せる人や日本人でタイ語が話せる人が常駐しています。 常に日本語を話せる人が身近にいるため、言葉の壁に窮することはありません。タイ語を練習してみたければその旨をタイ人に伝えれば教えてさえくれます。   ・健康面でのサポート…